· 

『TAICHIRO MORINAGA』の東京初の常設店

 森永製菓は、〝お菓子をこえる、「をかし」な体験を〟をコンセプトにしたショップ『TAICHIRO MORINAGA』の東京初の常設店を6月6日、NEWoMan新宿2F エキナカ(都内渋谷区)にオープンした。

 

同店では、ラスク専用に焼き上げたブリオッシュをミルクキャラメルとたっぷりのバターで仕上げた「キャラメルラスク」(4枚入り。税別450円など)、こだわりのキャラメル原料と風味を際立たせるゲランドの塩を使用し、絶妙な火加減で焼き込むことで芳醇な味わいとこれまでにない食感を実現した「キュービックフィナンシェ」(6個入り。税別1000円など)の2品を新発売。

 

 子供の頃から慣れ親しんだキャラメルの味が口いっぱいに広がり、懐かしさを感じるお菓子だ。

 

 この他、「ハイクラウン」(8本セット。税別2000円など)、チョコレート「エアレーション プルミエ」(3本セット。税別1000円など)、「薫る水出しカカオティー〈ガーナ〉」(100g。税別800円)を販売している。